残火

講談社文庫
ノコリビ
  • 電子あり
残火
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

議員会館から、闇献金の一億円を強奪した犯人は、かつて”人斬り秀”と言われた元ヤクザの花田。花田のかつての弟分、花田を追い続けてきた元警官、暴力団とつながっている現職警官――花田の行方を捜し、追い続ける彼らと、残りの命が長くない花田。『地の底のヤマ』で炭鉱の町・大牟田を舞台に見事に男の世界を描いた西村健が男を描ききる!講談社100周年書下ろし作品にして、日本冒険小説協会大賞受賞作。(講談社文庫)


議員会館から、闇献金の一億円を強奪した犯人は、かつて”人斬り秀”と言われた元ヤクザの花田。足を洗って豆腐屋稼業をつとめていた花田の目的は何なのか?闇献金の存在を隠滅したい国会議員、献金の間に入っていた花田のかつての弟分、花田を追い続けてきた元警官、裏で暴力団とつながっている現職警官――花田の行方を捜し、追い続ける彼らと、残りの命が長くない花田。
欲望とはなにか、ヤクザとはなにか、男とはなにか。
『地の底のヤマ』で炭鉱の町・大牟田を舞台に見事に男の世界を描ききった西村健が「なぜここまで」とも思える男の信念を燃やし尽くす!

講談社100周年書下ろし作品にして、日本冒険小説協会大賞受賞作!

製品情報

製品名 残火
著者名 著:西村 健
発売日 2012年07月13日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-277293-8
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年9月に講談社百周年書きおろし作品として刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る