江戸幕府 最後の改革

講談社文庫
エドバクフサイゴノカイカク
江戸幕府 最後の改革
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国家を支え、人生を享受せよ!

飢饉や大地震が続き、危機的な経済状況にある天明期の江戸幕府。足軽の子と蔑まれつつ、経済手腕を買われて老中に出世した田沼意次と、借財に喘ぐ下級武士でありながら、狂歌師として、自由な「サラリーマン」生活を謳歌する大田南畝(なんぽ)。二人の生き様から、企業人としての武士の懊悩を描いた、本格時代小説。

※本作品は、講談社創業百周年記念書き下ろし作品として、2009年3月に単行本として小社より刊行された『青雲の梯 老中と狂歌師』を改題したものです。

製品情報

製品名 江戸幕府 最後の改革
著者名 著:高任 和夫
発売日 2012年03月15日
価格 定価 : 本体724円(税別)
ISBN 978-4-06-277213-6
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業百周年記念書き下ろし作品として、2009年3月に単行本として小社より刊行された「青雲の梯 老中と狂歌師」を改題したもの。

書店在庫を見る