夜来香海峡

講談社文庫
イエライシャンカイキョウ
  • 電子あり
夜来香海峡
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山形の寒村に中国旧満州地方から嫁いだ女・青鈴(せいれい)が二億円を持って消えた。青鈴を花嫁に斡旋した蔵田雄介はやくざに脅迫され、その足取りを追わされる。津軽海峡を渡り北へ北へと向かう青鈴と謎の男。日本の暴力団、中国の黒社会に加えロシア・マフィアが北の地で繰り広げる、船戸節全開の傑作バイオレンス。(講談社文庫)


逃げる女、死にゆく男たち

山形の寒村に中国旧満州地方から嫁いだ女・青鈴(せいれい)が二億円を持って消えた。青鈴を花嫁に斡旋した蔵田雄介はやくざに脅迫され、その足取りを追わされる。津軽海峡を渡り北へ北へと向かう青鈴と謎の男。日本の暴力団、中国の黒社会に加えロシア・マフィアが北の地で繰り広げる、船戸節全開の傑作バイオレンス。

製品情報

製品名 夜来香海峡
著者名 著:船戸 与一
発売日 2012年04月13日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-277136-8
判型 A6
ページ数 544ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社創業百周年記念書き下ろし作品として2009年5月に刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る