奏者水滸伝 北の最終決戦

講談社文庫
ソウシャスイコデンキタノサイシュウケッセン
  • 電子あり
奏者水滸伝 北の最終決戦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

音楽アーティストとしてブレイクした古丹、比嘉、遠田、猿沢の四人に、全国から演奏依頼が殺到。東京のライブハウスを離れた最初のツアーの場所は古丹の故郷でもある北海道に決まった。その頃、警視庁の赤城警部は憂鬱な気分でいた。危険な極秘計画の存在のためだった。堂々、シリーズ完結。※この作品は1989年1月講談社ノベルス『怒りの超人戦線』として刊行されたものを改題し、文庫化したものです。(講談社文庫)


さらば、愛すべき四人。守れ、美しき北の地を。シリーズ最高のアクション巨篇。
四人は北へ。激闘の完結編。
国内最初のライブツアーに古丹の愛する故郷を選んだ奏者たち。しかしそこには政府の極秘計画をめぐる戦いが待っていた……。
音楽(ミュージック)アーティストとしてブレイクした古丹、比嘉、遠田、猿沢の四人(カルテット)に、全国から演奏依頼が殺到。東京のライブハウスを離れた最初のツアーの場所は古丹の故郷でもある北海道に決まった。その頃、警視庁の赤城警部は憂鬱な気分でいた。危険な極秘計画の存在のためだった。堂々、シリーズ完結。『怒りの超人戦線』改題。

製品情報

製品名 奏者水滸伝 北の最終決戦
著者名 著:今野 敏
発売日 2011年11月15日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-276986-0
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1989年1月講談社ノベルス「怒りの超人戦線」として刊行されたものを改題し、文庫化したもの。

オンライン書店で見る