涙のドロップス

講談社文庫
ナミダノドロップス
  • 電子あり
涙のドロップス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恋愛・仕事・結婚・子育て、一通りの経験をした30代だからこそ見えてくる不満や不安。満たされていて平和なのに、何かが足りない・・・。隣の芝生は青いだけ? それともーー。現実と葛藤しながら、それぞれの幸せを渇望する4人の女性を主人公に、激しさと切なさを秘めた繊細な女心を鮮やかに描き出す、連作短編集。(講談社文庫)


永井さんは、甘いのも酸っぱいのも、嬉しいのも悲しいのも、女の数だけ愛があることを描いてみせた。
私たちは、そのドロップスをじっくりと口の中でころがして、味わえばいいのだ。――吉田伸子氏<解説より>

恋愛・仕事・結婚・子育て、一通りの経験をした30代だからこそ見えてくる不満や不安。満たされていて平和なのに、何かが足りない・・・。隣の芝生は青いだけ? それともーー。現実と葛藤しながら、それぞれの幸せを渇望する4人の女性を主人公に、激しさと切なさを秘めた繊細な女心を鮮やかに描き出す、連作短編集。

目次

  • ドロップス
  • うたうだけ
  • フルーツ消しゴム
  • 色づいた光
  • 貝ボタン
  • 砂漠のキャラバン
  • この薔薇を

製品情報

製品名 涙のドロップス
著者名 著:永井 するみ
発売日 2011年04月15日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-276983-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年7月に小社より刊行された。

オンライン書店で見る