警視庁情報官 ハニートラップ

講談社文庫
ケイシチョウジョウホウカンハニートラップ
  • 電子あり
警視庁情報官 ハニートラップ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

色仕掛けによる諜報活動――「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」(ハニートラツプ)の存在に気が付いたが……。「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線!


国家機密が漏洩! 影に中国美女の色仕掛け(ハニートラップ)あり――
名古屋市長 河村たかし氏推薦「この小説の主人公みたゃあに信念を貫くべし!」

もらいっ放しじゃ意味がないんだよ、情報は。すぐに使える状態になっているか。使い方も知らないで、早耳ぶってる奴の多いことと言ったら――。

色仕掛けによる諜報活動――「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」(ハニートラツプ)の存在に気が付いたが……。「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線!

※本書は2009年4月に小社より『公安特命捜査 警視庁情報官2』として刊行された単行本を改題したものです。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 情報戦──平成二十年
  • 第二章 防衛省ルート──平成十一年
  • 第三章 警察ルート──平成十一年
  • 第四章 政治家ルート──平成十三年
  • 第五章 黒田の情報──平成十二年
  • 第六章 事件捜査──平成二十年
  • エピローグ

製品情報

製品名 警視庁情報官 ハニートラップ
著者名 著:濱 嘉之
発売日 2011年04月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-276930-3
判型 A6
ページ数 440ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年4月に小社より「公安特命捜査 警視庁情報官2」として刊行された単行本を改題したもの。

オンライン書店で見る