京のほたる火 京都犯科帳

講談社文庫
キョウノホタルビキョウトハンカチョウ
  • 電子あり
京のほたる火 京都犯科帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京の町、名も無き人々、懸命に生きる。「咎」を犯してしまう人々の、悲しさ苦しさを語りながら、読む者の心に、ほんのりとしたあたたかさが残っていく……。『なまくら』の著者が描く、珠玉の時代小説短編集。「京都水無月大賞2010」受賞作品ーー京の町に帰ってきた親方と、初めての音吉。辻で人を集めて芸をみせ、商いをする、けん玉売りの二人には、人には言えない、もうひとつの仕事があった。危ない橋を渡ろうとする、その先には……(「けん玉売り」)ほおか、短編8編を収録。貧しくとも毎日を懸命に生きる庶民と、揺れる心を見事に綴った、時代小説短編集。

製品情報

製品名 京のほたる火 京都犯科帳
著者名 著:吉橋 通夫
発売日 2010年10月15日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-276767-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1981年8月岩崎書店より刊行された「京のほたる火」から8編を選び、加筆修正したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る