われら猫の子

講談社文庫
ワレラネコノコ
  • 電子あり
われら猫の子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

子どもをつくることを躊躇(ためら)う夫婦のわだかまりが解ける瞬間、処女のまま産み育てた息子が復讐しに来ると思い込む母親、あるはずのない異性器を持ちたいと切望する男女の交わり、死んだ父親に生きているふりをさせる少年少女たち……飛翔する想像力によって先入観を超え、固有の物語を紡ぎ出した傑作短篇集。


胸が締めつけられるファンタジー
飛翔する想像力は生きがたさを乗り越える

子どもをつくることを躊躇(ためら)う夫婦のわだかまりが解ける瞬間、処女のまま産み育てた息子が復讐しに来ると思い込む母親、あるはずのない異性器を持ちたいと切望する男女の交わり、死んだ父親に生きているふりをさせる少年少女たち……飛翔する想像力によって先入観を超え、固有の物語を紡ぎ出した傑作短篇集。

目次

  • ててなし子クラブ
  • ペーパームーン
  • われら猫の子
  • 味蕾の記憶
  • チノ
  • 砂の老人
  • 紙女
  • 夢を泳ぐ魚たち
  • トレド教団
  • エア

製品情報

製品名 われら猫の子
著者名 著:星野 智幸
発売日 2010年02月13日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-276590-9
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年10月に小社より刊行された「われら猫の子」から一部作品を差し替え、並び替えたもの。

オンライン書店で見る