新装版 とらんぷ譚2 悪夢の骨牌

講談社文庫
シンソウバントランプタン2アクムノカルタ
  • 電子あり
新装版 とらんぷ譚2 悪夢の骨牌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

泉鏡花文学賞に輝く鮮やかな言語魔術。精緻な構想による幻想の宇宙体ーーゴシック風の豪奢な洋館のサロンで開かれる賀宴の出席者は、10人の客とサロンの女主人、そして令嬢・柚香。そこで語られるのは、現実と非現実をあざなう奇譚の数々。ことばの錬金術師として当代随一の著者が、鮮やかな言語魔術と精緻な構想を駆使、幻想の宇宙体を作る、連作とらんぷ譚2。泉鏡花文学賞受賞作。

製品情報

製品名 新装版 とらんぷ譚2 悪夢の骨牌
著者名 著:中井 英夫
発売日 2010年02月13日
価格 定価:639円(本体581円)
ISBN 978-4-06-276585-5
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1981年12月に刊行された文庫の新装版で、新たに「作者のことば」と「泉鏡花文学賞受賞インタビュー 超越する“反世界”の魔」を収録した。

著者紹介

著:中井 英夫(ナカイ ヒデオ)

1922年、東京・田端に生まれる。東大在学中に吉行淳之介らと第14次「新思潮」を創刊。「短歌研究」「短歌」編集長として葛原妙子、塚本邦雄、中城ふみ子、寺山修司、春日井建らを紹介。'64年、塔晶夫の筆名で『虚無への供物』を刊行、推理小説の墓碑銘とまで絶賛された。その後、『幻想博物館』『悪夢の骨牌』(泉鏡花文学賞)『人外境通信』『真珠母の匣』の「とらんぷ譚」四部作をはじめとした幻想文学、エッセイ集『ケンタウロスの嘆き』、日記『彼方より』、短歌論集『黒衣の短歌史』、詩集『眠るひとへの哀歌』などの多彩な著作で人気を博した。'93年逝去、享年71。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る