戦場のニーナ

講談社文庫
センジョウノニーナ
  • 電子あり
戦場のニーナ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自分が拾われたのは戦場だったということ以外、両親の名前も、自分が何人であるかも、ニーナには分からない。しかし、ロシアへ遺骨収集に訪れたフクシマとの出会いが、ニーナに流れる日本人の血のルーツを呼び覚ました。エカテリンブルグから日本へ、ただひとりのロシア残留孤児・ニーナの、魂が震える究極の愛の物語。

製品情報

製品名 戦場のニーナ
著者名 著:なかにし 礼
発売日 2010年01月15日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-276560-2
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年1月、小社より単行本として刊行。

著者紹介

著:なかにし 礼(ナカニシ レイ)

1938年、旧満州(中国東北部)牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科卒業。在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、作詩家として活躍し、日本レコード大賞ほか多くの音楽賞を受賞する。その後、作家活動を開始、2000年『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。『翔べ!わが想いよ』『兄弟』『赤い月』『夜盗』『さくら伝説』『黄昏に歌え』『三拍子の魔力』など著書多数。近著に『探究この世界2009年8-9月 不滅の歌謡曲』(日本放送出版協会)、『世界は俺が回してる』(角川書店)などがある。

オンライン書店で見る