江戸の怪奇譚

講談社文庫
エドノカイキタン
  • 電子あり
江戸の怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

口から針を吐く少女。殺人鬼へと豹変した真面目な旗本の亡霊。突如、母親を切り刻んだ3人の子……江戸の人々を震撼させた怪事件は妖怪や怨霊の仕業なのか。その背後に浮かび上がるのは拉致、虐待、いじめ、ストリートチルドレンなど、現代社会にも通底する諸問題だった。今も昔も本当に怖いのは、人の心。


口から針を吐く少女。
殺人鬼へと豹変した真面目な旗本の亡霊。突如、母親を切り刻んだ3人の子……
江戸の人々を震撼させた怪事件は妖怪や怨霊の仕業なのか。
その背後に浮かび上がるのは拉致、虐待、イジメ、ストリートチルドレンなど、現代社会にも通底する諸問題だった。
今も昔も本当に怖いのは、人の心。

目次

  • プロローグ
  • 神隠し
  • 藩ぐるみの拉致誘拐
  • 美少年はさらわれやすい
  • 血を抜き、油を取る
  • 空飛ぶ天狗
  • 天狗の情郎
  • 河童
  • 知識人も信じる
  • 遭遇記
  • 相撲好きの理由
  • あぶれた少年たち
  • 十六歳
  • あぶない遊び
  • 残酷な本性
  • 妖怪体験の真実
  • 奇病
  • 人面瘡ブーム
  • 行灯の油をなめる女
  • 身体から針が
  • 虐待と子殺し
  • 異界への憧れ
  • 猫娘
  • 愛猫家と嫌猫家
  • もの言う猫
  • 鼠をむさぼる少女
  • 嫉妬
  • 最大の悪徳
  • 生きている女から
  • 死んだ女から
  • 情痴の果て
  • 離れぬ手首
  • イジメ
  • 嫉みの学園
  • 外記狂乱
  • 隠蔽工作
  • 亡霊となって
  • 炎の女
  • 本丸炎上
  • 男たちの醜態
  • ヒロインは一六歳
  • 美しき怪談
  • 老人怪護
  • 孝子たち
  • 厳しい現実
  • 究極の介護
  • 老女と狸
  • ひとつ家
  • 老親虐待
  • 母の死骸を切り刻む
  • 夢の中の「愉悦」
  • 懐疑的
  • 狐狸の存在感
  • 迷妄か事実か
  • 仕掛け人たち
  • 大人のための怪談
  • 凶宅
  • ポルターガイスト
  • 武家屋敷の怪異
  • 赤い袴の女
  • 霊力に操られて
  • 江戸の魔界
  • エピローグ
  • 主な参考文献および引用史料
  • あとがき

製品情報

製品名 江戸の怪奇譚
著者名 著:氏家 幹人
発売日 2010年03月12日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-276544-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年12月に小社より単行本として刊行。

著者紹介

著:氏家 幹人(ウジイエ ミキト)

1954年、福島県生まれ。東京教育大学文学部卒業。歴史学者(日本近世史)。
著書に『これを読まずに「江戸」を語るな』(祥伝社黄金文庫)、『サムライとヤクザ』(ちくま新書)、『かたき討ち』(中公新書)、『殿様と鼠小僧』(講談社学術文庫)、『武士道とエロス』(講談社現代新書)など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る