吉田観覧車

講談社文庫
ヨシダカンランシャ
  • 電子あり
吉田観覧車
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一見、愛想の良いふりをして、実は「ふつうに怖い」乗り物・観覧車に、高所恐怖症の漫画家が乗り歩いた。今は無き向ヶ丘遊園、日本最古の屋上式イン名古屋、浅草では逆回転に驚き、反時計回りに2時を過ぎたあたりでくらった横風に大量発汗した大阪。イラスト満載の戦車エッセイ集大成。(講談社文庫)


よし、大人だけど、観覧車に乗りに行こう!
高所から景色を観覧するためだけにある巨大な車――全国のゴンドラ搭乗紀行。

一見、愛想の良いふりをして、実は「ふつうに怖い」乗り物・観覧車に、高所恐怖症の漫画家が乗り歩いた。今は無き向ヶ丘遊園、日本最古の屋上式イン名古屋、浅草では逆回転に驚き、反時計回りに2時を過ぎたあたりでくらった横風に大量発汗した大阪。イラスト満載の戦車エッセイ集大成。解説漫画・伊藤理佐。

製品情報

製品名 吉田観覧車
著者名 著:吉田 戦車
発売日 2009年12月15日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-276543-5
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年6月、小社より単行本として刊行された。『MouRa』2005年10月~2006年3月

オンライン書店で見る