レタス・フライ Lettuce Fry

講談社文庫
レタスフライレタスフライ
  • 電子あり
レタス・フライ Lettuce Fry
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

西之園萌絵は、叔母を連れて白刀島までやってきた。加部谷と、この島の出身者である山吹、海月と合流し、夕食の席で、島の診療所に女性の幽霊が出るという噂話を耳にする。(「刀之津診療所の怪」)。ほか「砂の街」、文庫版に初収録の「ライ麦畑で増幅して」など、煌めく魅力を湛えた、全10作の短編を収録。(講談社文庫)


どこからが夢?どこまでが現実?魔法のような手品のような短編集
多面体の輝きを放つ、森ミステリィの変幻

西之園萌絵は、叔母を連れて白刀島までやってきた。加部谷と、この島の出身者である山吹、海月と合流し、夕食の席で、島の診療所に女性の幽霊が出るという噂話を耳にする。(「刀之津診療所の怪」)。ほか「砂の街」、文庫版に初収録の「ライ麦畑で増幅して」など、煌めく魅力を湛えた、全10作の短編を収録。

目次

  • ラジオの似合う夜
  • A Radiogenic Night
  • 檻とプリズム
  • A Prism in the Cage
  • 証明可能な煙突掃除人
  • Provable Chimney Sweeper
  • 皇帝の夢
  • The Imperial Dream
  • 私を失望させて
  • Drive Me to Despair
  • 麗しき黒髪に種を
  • Seeds for Her Lovely Tresses
  • コシジ君のこと
  • My Most Unforgettable Figure
  • 砂の街
  • The Sandy Town
  • 刀之津診療所の怪
  • Mysteries of Katanotsu Clinic
  • ライ麦畑で増幅して
  • The Amplifier in the Rye

製品情報

製品名 レタス・フライ Lettuce Fry
著者名 著:森 博嗣
発売日 2009年03月13日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-276307-3
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年1月に講談社ノベルスとして刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る