小児救急

講談社文庫
ショウニキュウキュウ
  • 電子あり
小児救急
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

深刻な医師不足による激務で、自殺に追い込まれた小児科医。誤診、たらいまわしで幼い命を落とした子どもたち。崩壊寸前の危機に瀕する小児医療。「子どもたちの未来のために、私たちができることは何か」気鋭の新聞記者が真摯に問いかける。全国で起こった母親たちの新たな動きを大幅加筆して文庫化。※本書は小社より単行本として刊行された『小児救急「悲しみの家族たち」の物語』に大幅加筆したものです。


深刻な医師不足による激務で、自殺に追い込まれた小児科医。誤診、たらいまわしで幼い命を落とした子どもたち。崩壊寸前の危機に瀕する小児医療。「子どもたちの未来のために、私たちができることは何か」気鋭の新聞記者が真摯に問いかける。全国で起こった母親たちの新たな動きを大幅加筆して文庫化。

目次

  • まえがき
  • 第一章 ある小児科医の自殺
  • 中原利郎医師(四四歳)の場合
  •  八月一六日
  •  「小児科医は天職だ」
  •  小児科は採算がとれない
  •  「俺は病院に殺される!」
  •  合格通知
  •  小児には、未来があり
  •  母として、妻として
  •  署名活動
  • 第二章 たらいまわし
  • 岩手県一関市・佐藤頼ちゃん(七ヵ月)の場合
  •  2DKのアパート
  •  深夜の発熱
  •  「頼! 頼! 頼!」
  •  押し寄せる声
  •  国会質問
  •  医師会はどう動いたのか
  •  盛岡の新しい小児救急システム
  •  小児救急を変えたい
  • 第三章 誤診と引き継ぎミス
  • 東京都葛飾区・豊田理貴ちゃん(五歳)の場合
  •  辛い記憶
  •  理貴ちゃんの成長
  •  引き継ぎの歯車
  •  内部告発
  •  ある小児科研修医
  •  日本一の小児科医を支えるもの
  •  「命を救えるのは、お医者さんだけです」
  •  招待状
  • 第四章 私たちにできること
  • 三家族と日本小児科学会理事・中澤誠の「格闘」
  •  患者と医師の新しい出会い
  •  「いい医者って何だね?」
  •  小児救急プロジェクトチーム
  •  地域の総力戦
  •  「夜間救急の治療費は、もっと高くてもいいんです」
  •  鳴りやまない拍手
  • 単行本あとがき
  • 『小児救急』その後──文庫版のあとがきに代えて

製品情報

製品名 小児救急
著者名 著:鈴木 敦秋
発売日 2008年12月12日
価格 定価:817円(本体743円)
ISBN 978-4-06-276199-4
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年4月、小社より単行本として刊行された『小児救急「悲しみの家族たち」』の物語に大幅加筆したもの。

著者紹介

著:鈴木 敦秋(スズキ ノブアキ)

1963年東京都生まれ。明治大学卒業。商社勤務を経て、'90年読売新聞社に入社。医療取材に長く関わり、'07年に著書『明香ちゃんの心臓〈検証〉東京女子医大病院事件』で第29回講談社ノンフィクション賞を受賞。 他の著書に『大学病院に、メス!』(講談社)、共著に『尊厳死を考える』(中央法規出版)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る