議論の余地しかない A Space under Discussion

講談社文庫
ギロンノヨチシカナイアスペースアンダーディスカッション
  • 電子あり
議論の余地しかない A Space under Discussion
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「正解とは、真実とは、本人が最も納得できる仮説にほかならないのです」(『地球儀のスライス』より)。著者が撮影したスタイリッシュな写真に、小説からの引用とメッセージをクロスさせた、「森ワールド」を立体的に堪能できるフォトエッセィ。なくしてしまった時間と、忘れてしまった気持ちに出会える1冊。


「森博嗣さんは、『消費』=遊び、の達人である。」――糸井重里(解説より)

「正解とは、真実とは、本人が最も納得できる仮説にほかならないのです」(『地球儀のスライス』より)。著者が撮影したスタイリッシュな写真に、小説からの引用とメッセージをクロスさせた、「森ワールド」を立体的に堪能できるフォトエッセィ。なくしてしまった時間と、忘れてしまった気持ちに出会える1冊。

※本書は2002年12月にPHP研究所より刊行されたものを文庫化しました。

目次

  • 考えない
  • お金と時間と生命
  • 他人と自分
  • 偽善
  • 真実
  • わからないことがわかる
  • 「意志」と「幸せ」
  • 問題が問題
  • 悲しみ
  • 凡人と天才
  • 間違い
  • プロテクト
  • 現実と幻
  • 底あり沼
  • 自然
  • 生きる価値
  • 理論
  • 潜在
  • 無駄
  • ダブルクリック
  • 説明
  • 外側の感情
  • 理由
  • 言葉
  • 意志
  • 明日の自分のために
  • 無駄と普遍性
  • 人間の価値
  • 大人になること
  • 呪われたもの
  • 「親」という生の放棄
  • 何のための存在?
  • いつでも
  • 人間性
  • 演技と愛情
  • 影響
  • インスピレーション
  • 意見
  • 騙す
  • 教育者
  • 舞台
  • 理由と行動
  • 美と形
  • 偶然と努力
  • 「素直に」「慌てるな」「恐がるな」
  • 伝えたい
  • 情報
  • 望んだ道
  • 安心
  • 格言
  • 正念場
  • 時間の残量
  • プライド
  • 自浄
  • もっと
  • 自分を知る他人
  • 思い出と記憶
  • 航海
  • 直立
  • Photograph index

製品情報

製品名 議論の余地しかない A Space under Discussion
著者名 著:森 博嗣
発売日 2008年10月15日
価格 定価:628円(本体571円)
ISBN 978-4-06-276184-0
判型 A6
ページ数 128ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年12月PHP研究所より刊行されたものを文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る