マノンの肉体

講談社文庫
マノンノニクタイ
  • 電子あり
マノンの肉体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名作「マノン・レスコー」には、なぜかマノンの肉体に関する描写がない--会社合理化のため80人近くのリストラを行い神経を尖らせて退社。その後、膠原病で入院中、娘に朗読してもらったフランス文学に関しての気づきは、やがて主人公の故郷で起きた奇妙な心中事件の新聞記事や調書と共に官能的な迷宮を紡ぎ始める……。幾重にも折りたたまれた謎は、小説の可能性を探り、読書の快楽を呼び覚ます。(講談社文庫)


『マノン・レスコー』には肉体の描写がないーー発熱が続くゆえか、入院中に娘に朗読してもらった名作に思いもかけない特徴を探り当てた神経は、故郷和歌山で起きた奇妙な無理心中事件の新聞記事や調書の行間に何を見いだすのか。表題作をはじめ、官能の迷宮としての小説の可能性を切り開いた意欲的作品集。

目次

  • 片瀬江ノ島
  • マノンの肉体
  • 戸外の紫

製品情報

製品名 マノンの肉体
著者名 著:辻原 登
発売日 2008年05月15日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-276048-5
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1994年8月に小社より刊行

著者紹介

著:辻原 登(ツジハラ ノボル)

1945年和歌山県生まれ。'90年「村の名前」で芥川賞、'99年『翔べ麒麟』で読売文学賞、2000年『遊動亭円木』で谷崎潤一郎賞、'05年「枯葉の中の青い炎」で川端康成賞、'06年『花はさくら木』で大佛次郎賞をそれぞれ受賞。
著書に『だれのものでもない悲しみ』『黒髪』『発熱』『約束よ』『ジャスミン』『夢からの手紙』『円朝芝居噺 夫婦幽霊』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る