慟哭 小説・林郁夫裁判

講談社文庫
ドウコクショウセツハヤシイクオサイバン
  • 電子あり
慟哭 小説・林郁夫裁判
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私がサリンをまきました」オウム真理教の大幹部「治療省大臣」にして地下鉄サリン事件の実行犯・林郁夫。その告白と慟哭の法廷から、未曾有の無差別殺人事件の全体像が浮かび上がった。文庫化にあたり、書下ろし「その後のオウム裁判」も収録した、オウムの真相を暴く渾身のノンフィクション・ノベル。(講談社文庫)


心臓外科医は、なぜサリンをまいたのか

「私がサリンをまきました」オウム真理教の大幹部「治療省大臣」にして地下鉄サリン事件の実行犯・林郁夫。その告白と慟哭の法廷から、未曾有の無差別殺人事件の全体像が浮かび上がった。文庫化にあたり、書下ろし「その後のオウム裁判」も収録した、オウムの真相を暴く渾身のノンフィクション・ノベル。

目次

  • 第一章 丸の内警察署取調室
  • 第二章 東京地裁オウム法廷
  • 第三章 麻原裁判の師弟対決
  • 第四章 「自己愛的人格障害」
  • エピローグ──麻原というまやかし
  • あとがき
  • 文庫版あとがき──その後のオウム裁判

製品情報

製品名 慟哭 小説・林郁夫裁判
著者名 著:佐木 隆三
発売日 2008年08月12日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-276043-0
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年2月に小社より刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る