遠野・京都 橋姫鬼女伝説の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ

講談社文庫
トオノキョウトハシヒメキジョデンセツノタビサツジンジケンアカカブケンジシリーズ
遠野・京都 橋姫鬼女伝説の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

殺人事件の裏に潜む 赤いてるてる坊主の謎

宇治橋で殺人事件が起きた。被害者の横で倒れていた行天珍男子(ぎようてんうずまろ)巡査部長に嫌疑がかけられ、彼は被告として法廷に立つことになる。赤かぶ検事・柊茂は、行天夫妻と親しいこともあって、事件に関与することができない。行天を事件に巻き込んだ3人の女性たちの正体は?そして「赤いてるてる坊主」の謎とは?

製品情報

製品名 遠野・京都 橋姫鬼女伝説の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
著者名 著:和久 峻三
発売日 2007年11月15日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-275900-7
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’95年5月光文社文庫より刊行。