螢坂

講談社文庫
ホタルザカ
  • 電子あり
螢坂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ほろ苦くて美味しい、だからこそせつないミステリー! ビア・バー「香菜里屋(かなりや)」シリーズ第3弾。「この街で、オレを待ってくれる人はもう誰もいない」戦場カメラマンを目指すため、恋人・奈津実と別れた螢坂。16年ぶりに戻ってきた有坂祐二は、その近くのビアバー「香菜里屋」に立ち寄ったことで、奈津実の秘められた思いを知ることになる。マスター・工藤が、客にまつわる謎を解き明かす第3弾。(講談社文庫)


ほろ苦くて美味しい、だからこそせつないミステリー! ビア・バー「香菜里屋(かなりや)」シリーズ第3弾。「この街で、オレを待ってくれる人はもう誰もいない」戦場カメラマンを目指すため、恋人・奈津実と別れた螢坂。16年ぶりに戻ってきた有坂祐二は、その近くのビアバー「香菜里屋」に立ち寄ったことで、奈津実の秘められた思いを知ることになる(表題作)。マスター・工藤が、客にまつわる謎を解き明かす第3弾。

製品情報

製品名 螢坂
著者名 著:北森 鴻
発売日 2007年09月14日
価格 定価 : 本体530円(税別)
ISBN 978-4-06-275831-4
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’04年9月に小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る