アフリカの瞳

講談社文庫
アフリカノヒトミ
  • 電子あり
アフリカの瞳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10人に1人がHIVに感染している国南アフリカ。かつて白人極右組織による黒人抹殺の陰謀を打ち砕いた日本人医師・作田信はいま、新たな敵エイズと戦っていた。民主化後も貧しい人々は満足な治療も受けられず、欧米の製薬会社による新薬開発の人体実験場と化していたのだ。命の重さを問う感動の長編小説。


エイズと戦う日本人医師の苦闘と新たなる希望!
名作『アフリカの蹄』の続編、待望の文庫化

10人に1人がHIVに感染している国南アフリカ。かつて白人極右組織による黒人抹殺の陰謀を打ち砕いた日本人医師・作田信はいま、新たな敵エイズと戦っていた。民主化後も貧しい人々は満足な治療も受けられず、欧米の製薬会社による新薬開発の人体実験場と化していたのだ。命の重さを問う感動の長編小説。

製品情報

製品名 アフリカの瞳
著者名 著:帚木 蓬生
発売日 2007年07月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-275791-1
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年7月に小社より単行本として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る