グランド・フィナーレ

講談社文庫
グランドフィナーレ
  • 電子あり
グランド・フィナーレ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

すべてを失ったとき、2人の女児と出会った――
終わりという名のはじまり。

「2001年のクリスマスを境に、我が家の紐帯(ちゅうたい)は解(ほつ)れ」すべてを失った“わたし”は故郷に還る。そして「バスの走行音がジングルベルみたいに聞こえだした日曜日の夕方」2人の女児と出会った。神町(じんまち)――土地の因縁が紡ぐ物語。ここで何が終わり、はじまったのか。
第132回芥川賞受賞作。〈解説・高橋源一郎〉

これは、「人間」も「人間」の形をしたものにすぎないものも区別できない「小説」らしきものが横行するこの時代に登場した、ほんとうに数少ない「小説」の一つなのである。――<解説より>

製品情報

製品名 グランド・フィナーレ
著者名 著:阿部 和重
発売日 2007年07月13日
価格 定価:514円(本体467円)
ISBN 978-4-06-275775-1
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’05年2月、小社より刊行。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る