白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談

講談社文庫
ハクトガウタッタシンキロウクスリヤタンテイヨウキダン
  • 電子あり
白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、どうして人間を殺してはいけないの?
“座敷童子”が殺意を抱く

家に取り憑いた何かを祓う依頼を受け、座木(くらき)をにわか霊媒師にして現地へ向かった薬屋探偵たち。セキュリティシステムに守られた山中の大邸宅には不穏な空気が満ちており、涸れ井戸の出火を口火として一族に続々と容赦ない殺意が襲いかかる。凶行の犯人は本当に“座敷童子”なのか?心を震わす、シリーズ第6弾。

目次

  • 第一章 取り憑かれた家
  • 第二章 猿踊る狂宴
  • 第三章 ハーメルンの笛吹き男
  • 第四章 神火
  • 第五章 モノクローム・メイズ
  • 第六章 玉葱と赤茄子
  • 第七章 見えない殺意
  • 第八章 跣の傷
  • 第九章 雉子狩り
  • エピローグ

製品情報

製品名 白兎が歌った蜃気楼 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2007年04月13日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-275717-1
判型 A6
ページ数 560ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2001年2月に小社ノベルスとして刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る