東京検死官 三千の変死体と語った男

講談社文庫
トウキョウケンシカンサンゼンノヘンシタイトカタッタオトコ
東京検死官 三千の変死体と語った男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

指先で死体に訊く “検死の鬼”

腐爛死体、焼死体、溺死体……目を背けたくなる凄惨な死体は何よりも真実を物語る。生涯で3000体もの変死体と向き合った空前絶後の検死官・芹沢常行。安保闘争で死亡した樺(かんば)美智子さんをはじめ3億円事件など幾多の難事件を冷徹に見つめてきた。芹沢との対話と克明な「臨場日記」から浮かび上がる事件史の裏側。

製品情報

製品名 東京検死官 三千の変死体と語った男
著者名 著:山崎 光夫
発売日 2007年01月05日
価格 定価:713円(本体648円)
ISBN 978-4-06-275626-6
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2000年9月新潮社より刊行。

書店在庫を見る