握られ同心 結わえ師・紋重郎始末記

講談社文庫
ニギラレドウシンユワエシモンジュウロウシマツキ
  • 電子あり
握られ同心 結わえ師・紋重郎始末記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

力士の横綱、吊橋の綱、帯紐、水引、注連(しめ)飾り――。あらゆるものを結び、解くことを生業としている神業結わえ師・紋重郎は、ある日、隅田川岸で殺されていた男を発見する。その男が娘と2人でたくさんの鳩を飼っていたことを突き止めた紋重郎は、もつれた事件の糸を解き、人と人との絆を結ぼうとするのだが……。見たい夢を必ず見せる、“夢売り”の佐治郎が登場。 痛快無比! 型破り時代小説。 (講談社文庫)


殺された男はなぜ鳩を飼っていたのか

力士の横綱、吊橋の綱、帯紐、水引、注連(しめ)飾り――。あらゆるものを結び、解くことを生業としている紋重郎は、隅田川岸で殺されていた男を発見する。男が娘と2人でたくさんの鳩を飼っていたことを突き止めた紋重郎は、もつれた事件の糸を解き、人と人との絆を結ぼうとするが。型破り文庫書下ろし時代小説。

製品情報

製品名 握られ同心 結わえ師・紋重郎始末記
著者名 著:石月 正広
発売日 2006年12月15日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-275583-2
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る