悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談

講談社文庫
アクマトサギシクスリヤタンテイヨウキダン
  • 電子あり
悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

無関係な6人の死
共通点はどこにある?

毒死した京都の外科医、轢死(れきし)した東京のプログラマー、失血死した鳥取の書店員…場所も日時も別々で互いに無関係な6人の死。自殺、事故死、殺人としてすべて解決したはずのこれらの事件の共通点とは何か? 薬屋探偵3人組の良心座木(くらき)が難攻不落の謎に挑む! 個性派キャラが続々登場する好調シリーズ第3弾。

目次

  • 第一幕 暗鬼
  • 第二幕 再鬼
  • 第三幕 夜鬼
  • 第四幕 回鬼
  • 最終幕 惹鬼
  • カーテンコール

製品情報

製品名 悪魔と詐欺師 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2006年06月15日
価格 定価:765円(本体695円)
ISBN 978-4-06-275426-2
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1999年12月に小社ノベルスとして刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る