京都冬の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ

講談社文庫
キョウトフユノタビサツジンジケンアカカブケンジシリーズ
京都冬の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

雪の渡月橋が呼んだ赤かぶ検事の逆転法廷

冬の渡月橋を臨む旅館で赤かぶ検事夫人と行天(ぎょうてん)燎子警部補は、白い幽霊を見た。翌朝、古井戸から女性客の死体が上がり、行方を眩ました同室者は高級売春組織の元締めだと噂に。自分の妻を元締めの部屋(フラット)で殺した容疑で、人気俳優赤羽良介が起訴された。弁護人秋月沙知子の予想外の反撃に、赤かぶ検事危うし!

製品情報

製品名 京都冬の旅殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
著者名 著:和久 峻三
発売日 2006年01月13日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-275308-1
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1994年12月、光文社文庫として刊行。