闊歩する漱石

講談社文庫
カッポスルソウセキ
  • 電子あり
闊歩する漱石
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夏目漱石の『坊っちゃん』は、あだ名づくしで書かれた反・近代小説。『三四郎』は、都市小説のさきがけ。そして『吾輩は猫である』は、価値の逆転、浪費と型やぶりによる言葉のカーニバルーー。漱石の初期3作をモダニズム文学としてとらえ、鑑賞し、分析し、絶賛する。東西の古典を縦横無尽に引いて、斬新明快に語る、最も自由な画期的な漱石論。漱石の楽しさを語ろう!


最も自由な画期的漱石論! 漱石の楽しさを語ろう! 夏目漱石の『坊っちゃん』は、あだ名づくしで書かれた反・近代小説。『三四郎』は都市小説のさきがけ。『吾輩は猫である』は価値の逆転、浪費と型やぶりによる言葉のカーニバル。初期三作をモダニズム文学としてとらえ、鑑賞し、分析し、絶賛する。東西の古典を縦横無尽に引いて斬新明快に語る、画期的漱石論。

製品情報

製品名 闊歩する漱石
著者名 著:丸谷 才一
発売日 2006年02月15日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-275302-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2000年7月に小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る