動くとき、動くもの

講談社文庫
ウゴクトキウゴクモノ
  • 電子あり
動くとき、動くもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

緑豊かな自然の中で、日々山が崩れ、河が荒れる――。祖母・幸田文が著した名作『崩れ』の地を再訪。そこで出会った人々と、寡黙だがかけがえのない「砂防」という営み。 「山も川も、人の心も、動かぬものはありません。決別であり、同時にそこからの始まりでもあります」著書の目と心に映る景色を確かな筆致で綴る。(講談社文庫)


祖母・幸田文が訪れた地――再訪して綴る想い

緑豊かな自然の中で、日々山が崩れ、河が荒れる――。祖母・幸田文が著した名作『崩れ』の地を再訪。そこで出会った人々と、寡黙だがかけがえのない「砂防」という営み。 「山も川も、人の心も、動かぬものはありません。決別であり、同時にそこからの始まりでもあります」著書の目と心に映る景色を確かな筆致で綴る。

目次

  • はじめに
  • 四半世紀の分かれ目 竜ヶ水・桜島
  • 緑の山と砂防さん 六甲・田上山
  • 天涯の幸せ 立山カルデラ
  • 動く土地 小谷村・牛伏川
  • 有珠に呼ばれる 有珠山
  • 心ここにあらざれば 日光・足尾
  • 復興が終わるとき 雲仙普賢岳・長崎市
  • 海へとつづく旅 大谷崩れ・安倍川
  • あとさきを想う 富士山
  • 時空を超える オーストリア
  • おわりに
  • 文庫版によせて

製品情報

製品名 動くとき、動くもの
著者名 著:青木 奈緒 解説:出久根 達郎
発売日 2005年11月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-275236-7
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 (社団法人)全国治水砂防協会「砂防と治水」139号(’01年4月)~148号(’02年10月)掲載。’02年11月、小社より刊行。

オンライン書店で見る