熊野路安珍清姫殺人事件 赤かぶ検事シリーズ

講談社文庫
クマノジアンチンキヨヒメサツジンジケンアカカブケンジシリーズ
  • 電子あり
熊野路安珍清姫殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

密売人の男たちを操る女ボスの哀しい真実。石畳の古道で謎を追う! ーー山深き熊野路で奇怪な死を遂げた、二人の刑事。現場の渓谷から姿を消した謎の女を追う赤かぶ検事は、当地に伝わる安珍清姫(あんちんきよひめ)伝説との深い関わりに行き当たる。美男の若僧・安珍を恋慕するあまり、大蛇となり追い詰め焼き殺した清姫。謎の女は、その清姫の転生なのだろうか!? <『南紀白浜安珍清姫殺人事件』改題作品>

製品情報

製品名 熊野路安珍清姫殺人事件 赤かぶ検事シリーズ
著者名 著:和久 峻三
発売日 2005年10月14日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-275227-5
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1995年12月、光文社文庫として刊行された「南紀白浜安珍清姫殺人事件」を小社文庫化にあたり、改題。

オンライン書店で見る