滅びのモノクローム

講談社文庫
ホロビノモノクローム
  • 電子あり
滅びのモノクローム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

CM制作者・日下(くさか)が骨董市で偶然手に入れた、古いフライフィッシング用のリールとスチール缶。その中から発見した16ミリフィルムの映像をCMに利用しようと考えた日下だったが、そのことが戦時中の封印された犯罪を暴き出し、新たな殺人を引き起こす結果に!? 第48回江戸川乱歩賞受賞作、待望の文庫化。(講談社文庫)


1本のフィルムが暴く日本人の恥ずべき犯罪!

CM制作者・日下(くさか)が骨董市で偶然手に入れた、古いフライフィッシング用のリールとスチール缶。その中から発見した16ミリフィルムの映像をCMに利用しようと考えた日下だったが、そのことが戦時中の封印された犯罪を暴き出し、新たな殺人を引き起こす結果に!? 第48回江戸川乱歩賞受賞作、待望の文庫化。

製品情報

製品名 滅びのモノクローム
著者名 著:三浦 明博
発売日 2005年08月11日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-275168-1
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年8月に小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る