蜃気楼の殺人

講談社文庫
シンキロウノサツジン
著:折原 一 解説:小梛 治宣
蜃気楼の殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

過去と現在が錯綜する これぞ折原マジック!

銀婚式を迎えた野々村夫妻は、新婚旅行の想い出を辿るように、能登半島へと旅立った。だが夫は殺され、妻は行方をくらました。両親の足跡を追いかける娘の万里子は、25年前の2人が、もう1組の男女と接触していたことを知る。過去と現在とが錯綜する折原マジック。万里子が到達した、驚愕の真相とは?

製品情報

製品名 蜃気楼の殺人
著者名 著:折原 一 解説:小梛 治宣
発売日 2005年08月11日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-275154-4
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’96年2月に光文社文庫より刊行された作品に加筆訂正。(’92年11月カッパ・ノベルス刊行時の書名は『奥能登殺人旅行』)

書店在庫を見る