銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談

講談社文庫
ギンノオリヲトカシテクスリヤタンテイヨウキダン
  • 電子あり
銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美男探偵3人組?いいえ実は○×△□です!

見たところ20代後半の爽やかな青年・座木(くらき・通称ザギ)、茶髪のハイティーン超美形少年・秋、元気一杯な赤毛の男の子リベザル。不思議な組み合わせの3人が営む深山木(ふかやまぎ)薬店は探偵稼業が裏の顔。だが、もっと驚くべきことに、彼らの正体は○×△□だった!?謎解きはあくまで本格派をいく第11回メフィスト賞受賞作。

たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長100メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった!薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!

目次

第一部 察―scrutiny―
第一章 緑衣の悪魔
第二章 開かない扉
第三章 友情窮状エトセトラ
第四章 久安 恃むなかれ
第二部 明―insight―
第一章 有救休暇
第二章 たわしと雀と王子様
第三章 乱反射
第四章 雪に行き尽く片思い
エピローグ

あとがき

製品情報

製品名 銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2005年05月13日
価格 定価 : 本体667円(税別)
ISBN 978-4-06-275084-4
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’99年3月に小社ノベルスとして刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る