化野学園の犯罪 教育実習生 西郷大介の事件日誌

講談社文庫
アダシノガクエンノハンザイキョウイクジッシュウセイサイゴウダイスケノジケンニッシ
  • 電子あり
化野学園の犯罪 教育実習生 西郷大介の事件日誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

京都・化野学園に教育実習生として赴任した西郷大介。彼がそこでみたものは、理想とかけ離れた教育の現場と、1人の女子生徒の自殺からはじまる連続した惨劇だった。生徒の死は、学園内で噂される「死の伝説」と関係があるのか、それとも――? 現役高校教師でもある著者が描いた、渾身の学園サスペンス。(講談社文庫)


現役教師の手になるリアル学園サスペンス

京都・化野学園に教育実習生として赴任した西郷大介。彼がそこでみたものは、理想とかけ離れた教育の現場と、1人の女子生徒の自殺からはじまる連続した惨劇だった。生徒の死は、学園内で噂される「死の伝説」と関係があるのか、それとも――? 現役高校教師でもある著者が描いた、渾身の学園サスペンス。

製品情報

製品名 化野学園の犯罪 教育実習生 西郷大介の事件日誌
著者名 著:姉小路 祐 解説:小梛 治宣
発売日 2005年05月13日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-275069-1
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年7月、講談社ノベルスより刊行。

オンライン書店で見る