夜かかる虹

講談社文庫
ヨルカカルニジ
  • 電子あり
夜かかる虹
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひとり暮らしの私を突然男連れで訪ね、男を置いて帰ってしまった妹リカコ。外見はそっくりで性格は正反対、甘い声で喋り、男に囲まれ、私を慕いながら、一方で恋人まで奪おうとする妹。痛くて切ない姉妹関係をリアルに描く表題作をはじめ、人とのつながり、自分の居場所を誠実に問う作品集。


あなたをいちばんわかっているのは誰?

ひとり暮らしの私を突然男連れで訪ね、男を置いて帰ってしまった妹リカコ。外見はそっくりで性格は正反対、甘い声で喋り、男に囲まれ、私を慕いながら、一方で恋人まで奪おうとする妹。痛くて切ない姉妹関係をリアルに描く表題作をはじめ、人とのつながり、自分の居場所を誠実に問う作品集。(『草の巣』を改題)

目次

  • 夜かかる虹
  • 草の巣

製品情報

製品名 夜かかる虹
著者名 著:角田 光代 解説:藤田 香織
発売日 2004年11月16日
価格 定価:545円(本体495円)
ISBN 978-4-06-274925-1
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『群像』「夜かかる虹」’94年11月号「草の巣」’97年6月号 本書は、’98年1月、小社より『草の巣』として刊行されました。文庫化にあたり改題しました。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る