風来の剣

講談社文庫
フウライノケン
  • 電子あり
風来の剣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

料理屋の女将(おかみ)が襲われ、奉公人が殺された。同じ頃、材木問屋の主が川で謎の転落死を遂げる。事件を追う蓮見宗二郎ら始末人だが、魔手は始末屋の元締・文蔵にまで伸びる! 陰に見え隠れする謎の老武士は何者か?  宗二郎の秘剣“鱗返し”を突き崩す“風来の剣”とは? 始末人に最大の危機が迫る! (講談社文庫)


始末人が悪を裁く、書き下ろし時代小説! 料理茶屋の女将が何者かに襲われ、奉公人が殺された。事件解決の依頼を受けた蓮見宗二郎ら始末人が集結する。渋沢念流の達人、宗二郎の剣が吼える痛快時代活劇!

目次

  • 第一章 若松
  • 第二章 三人の手練
  • 第三章 風狂老人
  • 第四章 献残屋
  • 第五章 待ち伏せ
  • 第六章 風来の剣

製品情報

製品名 風来の剣
著者名 著:鳥羽 亮
発売日 2004年10月15日
価格 定価:565円(本体514円)
ISBN 978-4-06-274902-2
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る