迎え火の山

講談社文庫
ムカエビノヤマ
  • 電子あり
迎え火の山
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生と死の臨界に迫る傑作伝奇ミステリー。旧盆の十三夜、出羽三山の霊峰月山(がっさん)の頂から麓に連なる迎え火。即身仏(ミイラ)取材で帰省した工藤の友人正志は、古来の採燈祭(さいとうさい)復活に奔走していた。だが工藤の父親に続き、正志も闇の中で襲撃される。もう1人の同級生由香は工藤に、鬼から村を守ってきた一族だと明かし、「祭を止めて。ソ乱鬼(そらんき)が降りてくる」と告げた。(講談社文庫)

製品情報

製品名 迎え火の山
著者名 著:熊谷 達也
発売日 2004年08月10日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-274837-7
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’01年8月、小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る