鉄道員/ラブ・レター

講談社文庫
ポッポヤラブレター
鉄道員/ラブ・レター
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

感動の直木賞受賞作を漫画化
やさしい涙がとまらない

かつて炭鉱の町として栄えたが、今はさびれたローカル線の終点となった幌舞(ほろまい)駅。駅長の乙松(おとまつ)は、幼子を亡くした日も、妻と死別した夜も、独り駅を守り続けた。定年と廃線を間近に、実直な老鉄道員に起きる愛と感動の奇蹟! 涙なしには読めない浅田次郎の直木賞受賞短編2作を、名匠ながやす巧が完全漫画化。

完成された劇画版「鉄道員」「ラブ・レター」は、まさしく圧巻であった。作品を拝見して、私の芸術観が覆った。冒頭にある幌舞駅の夜の情景。神ですらこれほど美しい風景は容易に造れぬであろう。
――浅田次郎
小説「鉄道員」「ラブ・レター」。このふたつの作品から伝わってくる感動こそ、長い間僕が漫画で描きたいと求め続けてきたテーマだったのです。漫画化出来た事は、生涯の記念になりました。
――ながやす巧

製品情報

製品名 鉄道員/ラブ・レター
著者名 作:浅田 次郎 絵:ながやす 巧
発売日 2004年06月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-274826-1
判型 A6
ページ数 292ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は’99年10月にヤングマガジンKCデラックスとして単行本になり、’00年7月に講談社漫画文庫に収録されたものです。

お知らせ・ニュース

お知らせ
浅田次郎先生が第9回日本歴史時代作家協会賞 功労賞を受賞しました。

書店在庫を見る