湖賊の風

講談社文庫
コゾクノカゼ
湖賊の風
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

風読みの天才は湖国の王を目指す!

都への入口となる琵琶湖は室町中期、膨大な水運利権を巡る闘いの舞台であった。中でも堅田関の船道(ふなど)衆は「湖賊(こぞく)」と呼ばれ人々に恐れられていた。天才的な操船術で関を破る青年魚鱗(うろくず)は、1人、湖国の王を目指す。蓮如をして「地獄へ落ちても他力にすがらぬ」と言わしめ、湖に自由を求め闘い続けた男の壮烈な生涯。

製品情報

製品名 湖賊の風
著者名 著:高橋 直樹 解説:清原 康正
発売日 2004年07月15日
価格 定価:806円(本体733円)
ISBN 978-4-06-274818-6
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る