つるつるの壺

講談社文庫
ツルツルノツボ
  • 電子あり
つるつるの壺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妄想に近いたわごと。言葉になりかける寸前でぐずぐずになってしまう想い。ワードプロセッサーの中でのたうち回る私の思念が現実を浸食する。やめてくれないか。そういうことは。と思ったけれども、それでもほつほつ続けるうち私自身が因果そのものとなり果て…。町田節爆発、クールでキュートなエッセイ。


おめえ、生きててつらいだろ?
ベリークールなエッセー集

妄想に近いたわごと。言葉になりかける寸前でぐずぐずになってしまう想い。ワードプロセッサーの中でのたうち回る私の思念が現実を浸食する。やめてくれないか。そういうことは。と思ったけれども、それでもほつほつ続けるうち私自身が因果そのものとなり果て…。町田節爆発、クールでキュートなエッセー。

目次

  • ロックの老いの坂
  • おめえ、生きててつらいだろ?
  • 地獄の鉄板
  • 人間の屑と聖書
  • あとがき

製品情報

製品名 つるつるの壺
著者名 著:町田 康
発売日 2004年04月15日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-274750-9
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1999年2月、小社より刊行されました。

オンライン書店で見る