異端の夏

講談社文庫
イタンノナツ
  • 電子あり
異端の夏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ベテラン刑事は許されない恋に落ちた! 夏の盛り、軽井沢の別荘地で、12歳の少年が消えた。東京の有名画廊の息子・雄介。わが子の不慮の死から妻と別れた過去をもつ刑事・辰巳は、事件を追いながら、雄介の母・康子に惹かれていく。一族内の確執、老舗画廊をめぐり錯綜する人間関係。剥がされていく人々の秘密に事件は……。傑作恋愛サスペンス。

製品情報

製品名 異端の夏
著者名 著:藤田 宜永
発売日 2004年03月16日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-273980-1
判型 A6
ページ数 592ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 学芸通信社の配信により、『東京中日スポーツ』『中日スポーツ』に’98年10月5日~’99年7月7日まで連載、加筆訂正のうえ、’01年3月に小社より単行本として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る