蒙古襲来

講談社文庫
モウコシュウライ
  • 電子あり
蒙古襲来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

13世紀の日本に迫る世界帝国の嵐ーー元の大軍勢はなぜ敗れ去ったのか?  海洋歴史小説の第一人者にして、戦いの舞台・福岡在住の著者が、クビライの海洋帝国構想、玄界灘の北西季節風の影響、軍船の構造と建造日程など、海からの視点と大胆な推論で、「蒙古襲来」の真相を解明する。13世紀の「日本」と「世界」の激突を、臨場感豊かに描く、歴史読物。

製品情報

製品名 蒙古襲来
著者名 著:白石 一郎
発売日 2003年12月11日
価格 定価:649円(本体590円)
ISBN 978-4-06-273914-6
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は読売新聞西部本社版に’00年4月~’01年2月まで連載されたものをまとめて、’01年3月に日本放送出版協会より単行本として刊行されたものです。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る