啓順凶状旅

講談社文庫
ケイジュンキョウジョウタビ
  • 電子あり
啓順凶状旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の町医者の内弟子だった啓順は、師匠にたてつき破門。博奕場に出入りするようになったころ、浄瑠璃語りの娘と男が殺される。殺された男の父親、江戸の顔役・聖天松と悶着があった啓順に殺しの疑いがかかってしまう。聖天松の追っ手から逃れつつ、疑いを晴らすべく、真犯人を探す義理と人情の時代小説。(講談社文庫)


インポケットで続編が連載中の江戸版。逃亡者人殺しの濡れ衣を着せられた町医者・啓順が、追っ手から逃れながら、真犯人を追う。任の心意気ある啓順はつい人助けをしてしまい、所在がばれて、また逃げる。

目次

  • 立場茶屋の女
  • 牢番の正体
  • 頼朝街道
  • 下田の旅芸人
  • 波浮の湊
  • 伊三郎の声
  • 江戸の一日
  • 消えた証拠人

製品情報

製品名 啓順凶状旅
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2003年12月11日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-273911-5
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’00年10月に幻冬社より単行本として発売。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る