十手人

講談社文庫
ジッテニン
  • 電子あり
十手人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死んだはずの母親の消息を訊いた酒場で暴れ、入墨者になった源七は、奉公先で盗みの濡れ衣を着せられた娘・お菊を救うため奔走する。町方同心・佐々木弦一郎の下で、十手捌きを身につけていく源七に、渋柿長屋の人々の眼差しは温かい。お菊を陥れた悪党を源七は炙り出せるのか!? 江戸の人情を描く<第10回時代小説大賞受賞作>捕物帖。(講談社文庫)<第10回時代小説大賞受賞作>


人に情けがある限り 傷を負っても走られる

死んだはずの母親の消息を訊いた酒場で暴れ、入墨者になった源七は、奉公先で盗みの濡れ衣を着せられた娘・お菊を救うため奔走する。町方同心佐々木弦一郎の下で、十手捌きを身につけていく源七に、渋柿長屋の人々の眼差しは温かい。お菊を陥れた悪党を源七は炙り出せるのか?
<第10回時代小説大賞受賞作>

目次

  • 第一章 流刑の女
  • 第二章 無情の名残
  • 第三章 獄門台の子わかれ
  • 第四章 一網打尽
  • 第五章 涅槃の雨

製品情報

製品名 十手人
著者名 著:押川 國秋 解説:村松 友視
発売日 2003年03月14日
価格 定価:681円(本体619円)
ISBN 978-4-06-273681-7
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’00年3月、小社より刊行されました。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る