道祖土家の猿嫁

講談社文庫
サイドケノサルヨメ
  • 電子あり
道祖土家の猿嫁
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

失われた故郷への鎮魂歌! 明治の中ごろ、土佐・火振(ひぶり)村の名家、道祖土(さいど)家に嫁いできた蕗。その容貌から“猿嫁”と揶揄されながらも、蕗は天真爛漫な性格で名家に溶け込んでいった。やがて日露戦争や太平洋戦争の戦渦は、道祖土家を巻き込み、各々の人生も翻弄していく。百年の時を通じ、日本人が来た道、行く先を描く壮大な歴史ロマン。

目次

  • 第一章 火振合戦
  • 第二章 猿猴ヶ淵
  • 第三章 七夕女房
  • 第四章 女の家
  • 第五章 どぶろく日和
  • 第六章 玄道踊り
  •  終 章

製品情報

製品名 道祖土家の猿嫁
著者名 著:坂東 眞砂子
発売日 2003年01月15日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-273644-2
判型 A6
ページ数 608ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 収録作品参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る