「紫の女」殺人事件

講談社文庫
ムラサキノヒトサツジンジケン
「紫の女」殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浅見光彦、熱海へ京都へ。毒殺犯は誰だ!
幽体離脱して犯人を見た、と証言する娘。事件は心中か殺人か……。

曾宮一恵は、和菓子屋を営む熱海の実家で、両親と共に倒れている所を発見された。両親は既に絶命しており死因は、飲んでいたワインから検出された毒物。心中と思われたが、一恵は幽体離脱して犯人を見たと主張した。網代滞在中の「軽井沢のセンセ」を訪ねた浅見光彦は、事件の真相究明を依頼されるが……。

製品情報

製品名 「紫の女」殺人事件
著者名 著:内田 康夫
発売日 2001年08月10日
価格 定価 : 本体514円(税別)
ISBN 978-4-06-273239-0
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’91年10月、徳間書店より刊行され、’95年9月徳間文庫に収録、その後’99年4月に愛蔵版として刊行されたもの。