死もまた愉し

講談社文庫
シモマタタノシ
  • 電子あり
死もまた愉し
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「余生だから、まず1年、目いっぱい新鮮に生きること」――数々の名作を生んだ著者が、死の直前に語った「人生最後の志」。澄明な語り口の中から軽妙さが鳴り響く。〈まだ生きてゐるかと蚊にも刺されけり〉これは諦念ではなく、死さえ愉しくしてしまった強(したた)かさだ。遺された珠玉の句集「歳月」「余色」も併録。死と対峙して語る生への「詩と真実」!

製品情報

製品名 死もまた愉し
著者名 著:結城 昌治
発売日 2001年12月14日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-273231-4
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年1月講談社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る