華胥の幽夢 十二国記

講談社文庫
カショノユメジュウニコクキ
華胥の幽夢 十二国記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十二国の歴史を彩る5つの物語
景王陽子は、泰麒蒿里は、楽俊は、そして延王尚隆、泰王驍宗、供王珠晶、采麟揺藍、祥瓊、月渓、利広は、それぞれの胸に何を秘めるのか!!

戴国王驍宗(ぎょうそう)の命で漣国へ赴いた泰麒(たいき)を待っていたのは。
芳国王仲韃(ちゅうたつ)への大逆の張本人月渓(げっけい)に慶国王陽子から届けられた親書とは。
才国の宝重華胥華朶(かしょかだ)に託された理想の王国への憧憬の行方は。
そして、陽子、楽俊(らくしゅん)、十二国はいま――。
あなたの心をふるわせ胸を熱くする12国記珠玉の短編集。

製品情報

製品名 華胥の幽夢 十二国記
著者名 著:小野 不由美
発売日 2001年07月13日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-273204-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「冬栄」IN☆POCKET ’01年4月号 「華胥」メフィスト ’01年5月増刊号 「乗月」「書簡」「帰山」未定稿をもとにした書き下ろし