海の稲妻(上) 根来・種子島衆がゆく

講談社文庫
ウミノイナヅマジョウネゴロタネガシマシュウガユク
  • 電子あり
海の稲妻(上) 根来・種子島衆がゆく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国修羅を疾駆する船と鉄砲と熱き青春群像。若き日の呂宋助左衛門、傭兵隊を率い山野に海洋に灼熱の戦を挑む! 種子島の火弾が迸る! ーー根来鉄砲衆族長の子・十郎太は、島の若者たちと種子島党を結成して、堺に渡る。信長の下で石山本願寺・雑賀党と戦う父の陣へ赴き、戦国傭兵隊として活躍する。手練の鉄砲技術を駆使し、毛利水軍を撃破、秀吉の鳥取城攻めにも貢献する。修羅の戦場を疾駆しながら己の信念を貫く若者たちの、熱き青春群像を描く歴史長編。<上下巻>

製品情報

製品名 海の稲妻(上) 根来・種子島衆がゆく
著者名 著:神坂 次郎
発売日 2001年06月15日
価格 定価:765円(本体695円)
ISBN 978-4-06-273174-4
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る