お登勢

講談社文庫
オトセ
  • 電子あり
お登勢
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

淡路島の貧農の娘・お登勢は、徳島藩の家臣・加納家に奉公に出た。そこで陪臣・本田貢に惹かれるが、加納家嫡男に恋慕される。分藩運動に起因する稲田騒動や北海道・静内への移住を背景に、幕末から明治にかけての波乱の時代、愛を貫き、修羅場をくぐり、大地に生きる“永遠の女性像”を描いた、長編歴史ロマンの傑作。沢口靖子主演で、NHK連続ドラマ化された感動作。


淡路島の貧農の娘・お登勢は、徳島藩の家臣・加納家に奉公に出た。そこで陪臣・本田貢に惹かれるが、加納家嫡男に恋慕される。分藩運動に起因する稲田騒動や北海道静内への移住を背景に、幕末から明治にかけての波乱の時代、愛を貫き、修羅場をくぐり、大地に生きる“永遠の女性像”を描いた長編歴史ロマンの傑作。

製品情報

製品名 お登勢
著者名 著:船山 馨
発売日 2001年04月13日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-273164-5
判型 A6
ページ数 648ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る