京都鞍馬火祭りの里殺人事件

講談社文庫
キョウトクラマヒマツリノサトサツジンジケンアカカブケンジシリーズ
京都鞍馬火祭りの里殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

赤かぶの娘が誘拐された!苦悩の捜索行と名推理
相次ぐ失踪、殺人……不可解事件を解くキーワードは「源氏物語」!?

赤かぶ検事の娘、柊葉子弁護士が京都で誘拐され、葉子に離婚相談を依頼した女性も鞍馬山中で殺されていた。さらにその夫と愛人が行方不明になり、連続殺人へ発展する。「源氏物語」に由来する不可解な事件の数々。娘の安否を気づかう赤かぶは苦悩のなかで必死の捜索と事件解明に挑む。他に短編1編を収録。

製品情報

製品名 京都鞍馬火祭りの里殺人事件
著者名 著:和久 峻三
発売日 2001年03月15日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-273107-2
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る